吸い玉療法について

東洋医学では血流の滞りやうっ血によって起こる諸症状を「瘀血」とよびます。吸い玉により瘀血を皮膚表面に吸い上げ、瘀血を除きます。特に瘀血が強い部位は吸い玉後、一週間程度赤みが残ります。


吸い玉がオススメな方

☑️肩こり、背中の強張りが強い方
☑️顔が赤みがかっている方
☑️肌荒れ、皮膚炎になりやすい方
☑️背中や腰の色が黒ずんでいる方
☑️東洋医学的な実証体質な方

※吸い玉は虚弱体質、東洋医学的に虚症体質な方には使用しません。
施術道具 吸い玉
吸い玉 施術中

こちらの方は腰の痛み訴えがあられ、腰部が少し黒ずんでいる状態、瘀血がかあったため、腰部に吸い玉を施しました。
此方の方の場合、施術後は1週間程度紫色の痕が残る強さで施しましたが当院では患者様の体質に合わせて吸い玉施しますので、痕の残る期間を調整することができます。

鍼灸ウインザー治療院 連絡先