このような不定愁訴、症状でお悩みの方👇

☑️ストレスを抱え、肩こり、頭痛がある方

☑️胃腸などが弱い方

☑️風邪をひきやすい、肌が荒れる虚弱体質な方

☑️夜ぐっすり眠れず疲れがとれない方

☑️休みになってもリラックスできない方

☑️身体のほてりがあり、動悸がする

☑️慢性的な症状をお持ちの方

自律神経のバランスがくずれている可能性があります💡

自律神経失調症とは?

自律神経と各臓器の関連

循環器、呼吸器、消化器等の活動を調整するために無意識に働いているのが自律神経です。交感神経と副交感神経の2種類あり、それぞれの機能は大きく言えば興奮と抑制に分けられます。朝起きて活動をはじめれば交感神経が働き、夜寝るとき、リラックス状態になると副交感神経が働きます。本来、この二つの自律神経はバランス、恒常性を保って成り立っていますが仕事の疲れ等による身体的ストレスや人間関係の悩みなど精神的ストレスにより自律神経のバランスがくずれることにより自律神経失調の症状がでてきます。

交感神経が亢進すれば頭痛、微熱、ほてり、高血圧、動悸等の症状があらわれ、副交感神経が亢進すればだるさ、日中も眠い等、朝起きれない等の症状がでてきます。

脈を診る 脈診

自律神経の状態を観るために身体のゆがみ、手足のツボの反応や脈を確認します。東洋医学的に脈診は重要で脈の状態に身体状況がでてきます。状態が悪いときは極端に強い、はやい、遅い等の脈がでます。

当院では手足のツボへの色鍼や気功を施し自律神経失調症の早期改善を促します。※施術後は手足のツボの反応や脈に変化があらわれます。

鍼灸ウインザー治療院 連絡先