見えない作用


こんばんは、鍼灸ウインザー治療院です!



肌寒くなってきました、季節の変わり目は体調を崩しやすくなったり、気持ちが落ち着かなくなったりしますね😳




先日の土日は研修会続きでとても刺激的でした!



土曜日は漢方医セミナーに参加しまして、





ざっと、この様な証(症状)の方に対する漢方薬の治療効果のお話でした!




まだまだ、漢方の知識が乏しく理解が難しい部分はありましたが😓




考えとしては、鍼灸も漢方も同じ東洋医学的な診断をして治療をしていきますので



気が虚している方の気をどう補うか



瘀血(血の鬱滞)がある部位をどう促すか



水毒(水分代謝が悪い)がある方にどう説明し養生してもらうか



など参考になる事が多く先生のユーモアもあり面白かったです😄



その中でも自分が最も注目するのが


心と身体の関連性でありまして、



心とは見えない部分でありますし、



科学的にも説明しきれない分野ですが、


皆さんも経験した事はあると思いますが、
心が病めば
身体の不調はどっかしら起きます。


東洋医学の治療は
確かに心身を密接に考え
人々を治療してきた歴史があります。




その事を私自身、治療家として体現し
表現できればと思うのですがまだまだ発展途上です😳



しかしながら、
次の日の研修会で
東洋医学と科学の適合性という分野において
最先端の先生の講演があり

自分の考えとリンクして
感銘を受けたのでありました☺️


また後日記します💡


今後とも鍼灸ウインザー治療院をよろしくお願い致しますm(_ _)m