LINEでの相談、予約も受け付けております【ご登録はこちら】

自律神経失調に対するセルフケア

自律神経失調症でお悩みのあなた

  • ストレスを抱え、肩こり、頭痛がある方
  • 胃腸などが弱い方
  • 風邪をひきやすい、肌が荒れる虚弱体質な方
  • 夜ぐっすり眠れず疲れがとれない方
  • 休みになってもリラックスできない方
  • 身体のほてりがあり、動悸がする
  • 慢性的な症状をお持ちの方

自律神経失調症はストレスや日々の疲れの蓄積、ホルモンバランスの乱れにより交感神経と副交感神経が正常に働かなくなることにより起きてきます。

また、背中のゆがみによって神経伝達が悪くなることも原因の一つです。

長時間座っている事や、仕事の負担によって姿勢、背骨がゆがむことにより脊髄からでている神経からの伝達が滞るからです。

簡単にお家できるセルフケアがあります

それは「一分壁立ちです」

  1. かかとを無理なく壁につける
  2. お尻を無理なく壁につける
  3. 肩甲骨を無理なく壁につける
  4. 後頭部を無理なく壁につける
  5. この姿勢を一分間キープします

ゆがみ、筋肉の強張りがある方は壁立ちをした場合、つっぱり感や痛みを感じることがありますが無理なく継続して頂くとゆがみを整え脊髄神経からの神経伝達がスムーズに行われるようになり自律失調症の改善を促すことができます。

忙しくて中々お時間がとれない方にもお勧めなセルフケアです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!